宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

個人破産の免責不許可事由の「浪費又は賭博その他の射幸行為」とは

f:id:aoba-law:20180410104539j:plain

個人破産の免責不許可事由で多い「浪費又は賭博その他の射幸行為」

 具体的には「浪費又は賭と博その他の射幸行為をしたことによって著しく財産を減少させ、又は過大な債務を負担したこと。」です(破産法252条1項4号)。

 「浪費」については、破産者の地位、収入・資産等に比べて、通常の程度を越えた場合に該当するとされます。例えば、収入に見合わないブランド品や不動産等の購入、旅行、風俗店の利用などです。

 「賭博その他の射幸行為」としては、競馬等のギャンブルはもちろん、先物取引、FX取引といった投機的取引も該当しえます。

 浪費や賭博等は、それらの行為と過大な債務負担(ないし著しい財産減少)と因果関係があることが必要と解されています。

裁量免責による免責の制度

 浪費、賭博等の免責不許可事由があっても、破産手続きに至った経緯その他一切の事情を考慮して免責を許可することが相当であると認められるときは、免責許可決定が出ます(破産法252条2項)。

 借金に苦しんでいる方で自分は破産しても免責されないのではと悩んでいる方は、一人で悩まず、まずは弁護士までご相談下さい。

青葉法律事務所WEBサイト

 弁護士紹介、弁護士報酬基準、アクセス等はこちらです。

仙台 弁護士法人青葉法律事務所|ホーム 法律相談

法律相談ご予約は

 仙台022-223-5590までお願い致します。企業法務、債権回収から離婚、相続等まで幅広く御相談受け付けております。