読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

今年6月18日までに施行予定 「刑の一部執行猶予制度」とは?

刑の一部執行猶予制度とは

 これまでは執行猶予がつく場合とつかない場合とでオールオアナッシングでしたが、これはその名のとおり刑の一部について執行猶予を付する制度です。たとえば「懲役3年に処する。その刑の一部である懲役1年の執行を2年間猶予する」という判決の場合、2年間刑務所にいて釈放された後、執行猶予が取り消されることなく2年間経過すれば、3年の刑の一部である1年の懲役刑が取り消されるということです。

 ただし、適用には各種の要件があります。そして一般の事件と薬物事件とで要件が異なります。

 この「刑の一部執行猶予」導入の法改正は今年6月18日までに施行予定ですので、今後も引き続きこの動きを注視していきます。

刑事事件、少年事件はお早めにご相談下さい

 近しい方が刑事事件に巻き込まれた場合、強い不安を感じると思います。その際は、お一人で悩まず、弁護士にご相談下さい。仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」の相談ご予約は022-223-5590までお願い致します。

弁護士費用や所属弁護士のご紹介はこちらです。

www.aoba-law.gr.jp
 当事務所のHPを御覧ください。スマホ対応となっております。

「刑事事件」に関するエントリ一覧はこちら

 
刑事事件 カテゴリーの記事一覧 - 宮城 仙台 弁護士 相談「青葉法律事務所」 WEBLOG


(執筆時の法律状況を前提としています。当記事のみで判断されず弁護士に御相談下さい。当記事は仙台の青葉法律事務所 弁護士「浅沼 賢広」が書きました。)