読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

賭博罪についてあれこれ

刑事事件

 野球賭博が世間を騒がせています。刑法では「賭博罪」が規定されており賭博は犯罪とされています。競馬や競輪も賭博ではないか?と思うかもしれませんが、それらは法律で正当化されているので許されているということになっています。

単純賭博罪と常習賭博罪

(賭博)
刑法第185条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

 単純な賭博罪は、50万円以下の罰金又は科料です。懲役刑はないです。賭博行為でも「一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるとき」は賭博罪は成立しません。つまりジュース1本、タバコ1箱とか賭ける程度は日常の娯楽の範囲内なので、許容するということです。


 なお、常習的に賭博行為をしていた場合は、「常習賭博罪」として3年以下の懲役刑となります(刑法186条第1項)。