読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

刑事少年事件 国選付添人制度について

 宮城県仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」は刑事 少年事件に熱心に取り組んでいる弁護士がおります。本日は付添人について簡単に解説します。(写真:弁護士 浅沼賢広)

付添人とは

 少年が罪を犯した場合、通常は、成人と異なり刑事裁判を受けず家庭裁判所少年審判を受けます。少年審判において少年の権利を擁護し援助する者を「付添人」といいます。

国選付添人制度

 付添人は私費でつけることも出来ますが、国が税金で付添人を選任する制度もあります(国選付添人制度)。この国選付添人制度の対象事件は、昨年、「死刑・無期又は長期3年を超える懲役・禁錮の罪」まで拡大されました(例えば窃盗も含みます)。
 ただ、国選付添人を付すかどうかは家庭裁判所の裁量となっています。残念ながら、対象事件であれば必ず国選付添人がつくということにはなっておりません。

刑事事件、少年事件はお早めにご相談下さい

 近しい方が刑事事件に巻き込まれた場合、強い不安を感じると思います。その際は、お一人で悩まず、弁護士に御相談下さい。青葉法律事務所 法律相談ご予約は022-223-5590までお願い致します。
 青葉法律事務所の住所(仙台市青葉区一番町1-6-22)

アクセスマップ等はこちらです。

アクセスマップ・連絡先・営業時間・事務所ホームページ(弁護士費用など記載)のご紹介 - 宮城 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」 WEBLOG


(執筆時の法律状況を前提としています。当記事のみで判断されず弁護士に御相談下さい。当記事は仙台の青葉法律事務所 弁護士「浅沼 賢広」が書きました。)

関連リンク

【仙台 弁護士】窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金。また窃盗癖について - 宮城 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」 WEBLOG

刑事事件・少年事件は仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」にご相談下さい - 宮城 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」 WEBLOG