読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

【仙台 弁護士】窃盗罪の法定刑は10年以下の懲役または50万円以下の罰金。また窃盗癖について

 f:id:aoba-law:20141102113754j:plain
 (窃盗は罰金刑も定められています)

 窃盗、つまり盗みの法定刑は「10年以下の懲役 または 50万円以下の罰金」です。従来は10年以下の懲役だけでしたが、2006年の刑法改正で50万円以下の罰金刑も加えられました。

 このため、検察官は、窃盗罪において、正式に起訴するか不起訴という選択の他、罰金刑のみの略式請求も可能になりました。つまり、法改正前は「正式に起訴するまでもない」窃盗事件は「不起訴」にするしかなかったところ「略式請求」を請求することも出来るようになったということです。


 略式請求は書類だけの裁判で罰金刑のみですが、罰金刑とはいえ前科は前科ということになります。


 また、最近、窃盗を繰り返す人は精神的な原因があり専門的な治療が必要という認識が広まりつつあります。最近読んだ本ですが「窃盗癖という病 彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか」に詳しいです。私が調べた限りでは東京都や神奈川県、群馬県には窃盗癖の専門外来がある病院もあるようです。

彼女たちはなぜ万引きがやめられないのか? 窃盗癖という病
 刑事事件に関する相談のご予約は仙台 弁護士「青葉法律事務所」022-223-5590までお願い致します。

宮城県仙台市の弁護士事務所

「青葉法律事務所」弁護士 浅沼 賢広 が書きました。執筆当時の法律状況を前提としています。当記事のみで判断されず弁護士にご相談下さい。
刑事事件・少年事件は仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」にご相談下さい - 宮城 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」 WEBLOG