読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

自己破産や個人再生申立てに必要な家計収支表の作成の一手段(レシート、明細の保管)

f:id:aoba-law:20141031125020j:plain
 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」では任意整理、自己破産、個人再生等の借金問題の法律相談、受任も取り扱っております。法律相談ご予約は仙台022-223-5590までお願い致します。

個人の自己破産や個人再生には家計収支表が必要です

 個人の破産や個人再生申立の際には、「家計収支表」という月々の収入項目と支出項目を書いた紙を提出する必要があります*1。毎月家計簿を付けている方は楽ですが、家計簿を付けていない方の多くはこの家計収支表の作成に苦労されます。収入は給与明細や銀行振込で把握できます。日々の支出を記録につけることに苦労されるのだと思います。

単に「家計収支表を作って下さい」ではなく具体的な方法の提案をします

 私は、依頼者の方には、家計収支表作成の一手段として、レシートや公共料金明細を捨てずに取っておいてレシートや明細を集計して家計収支表を作る方法を提案しています。

 ご希望があればレシートや明細を入れる封筒も渡しています。自販機などレシートが出ない売買は別途メモしていただく必要がありますが、これで大体の支出項目は記録出来ます。

 これで家計収支表も難しくなく作成できるはずです。最近はスマホでレシートを取り込んで記録するアプリもあるようです。
 
 
 家計収支表を作成することで無駄な出費が見える化されます。家計が見直され経済的な立ち直りにも役立ちます。

債務整理について過去エントリ


個人の債務整理の方法について。簡単なご紹介 - 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」 WEBLOG

青葉法律事務所WEBサイトのご案内(所属弁護士、アクセス、報酬基準など)


弁護士法人 青葉法律事務所|ホーム
青葉法律事務所所属弁護士のプロフィールページはこちらです。

債務整理、自己破産、個人再生など法律相談のご予約は022-223-5590までお願い致します。会社の破産も扱っております。

宮城県仙台市の弁護士事務所

「青葉法律事務所」弁護士 浅沼 賢広 が書きました。執筆当時の法律状況を前提としています。当記事のみで判断されず弁護士にご相談下さい。

*1:本記事は、仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」の弁護士 浅沼賢広が書きました。執筆時現在の仙台地方裁判所での破産申立、個人再生申立を基準に書かれています。当記事のみで判断されず弁護士にご相談下さい。