読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

【仙台 離婚 弁護士】「青葉法律事務所」離婚事件の弁護士費用の基準のご説明

f:id:aoba-law:20140415230523j:plain

離婚事件の依頼。弁護士費用は?

 離婚事件で弁護士に頼みたい。そのときに気になるのは、やはり弁護士費用のことだと思います。

 まず、前提としてですが、弁護士に依頼したときに支払うお金は大きく分けて次の3つです。着手金(依頼時に支払い)、報酬(事件終了時に成功度合に応じて支払い)、その他実費日当等の手数料です。

 仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」では、離婚事件と婚姻費用分担請求事件の弁護士費用基準を以下のとおり明確に定めています。この基準をもとにして、弁護士費用の具体的なところについては、当事務所の基準に基づき依頼者の方と真摯な協議のうえ契約書にまとめます。一度に支払うのが難しい方は分割払いも可能ですので御安心下さい。

離婚の交渉、離婚調停

着手金(依頼時に支払うお金)

 24万円(+消費税)です。

報酬

(1)基本の報酬
 離婚の成否、離婚成立時の条件によります(親権など)。
 標準的な報酬は24万円~30万円(+消費税)です。


(2)慰謝料、財産分与、養育費など経済的利益を得られた場合
 (1)とは別に経済的利益の10%~20%(+消費税)の報酬
 ※分割払いの養育費等扶養料→経済的利益は分割払い2年間分
  の総額で計算します。

(3)主な手数料
 郵便代、資料コピー代、交通費、登記簿等の取寄費用
 調停又はADR申立てにかかる費用
 出張することになった場合の日当などです。
 離婚調停では実費手数料は3万円の枠に収まる例が多いです。

離婚の訴訟

着手金

 30万円(+消費税)
 ※調停、ADRから移行した場合は、この半額となります。

報酬

(1)基本
 離婚の成否、離婚成立時の条件によります。
 標準的な報酬額は30万円~50万円(+消費税)です。

(2)慰謝料、財産分与、養育費など経済的利益を得られた場合
 (1)とは別に経済的利益の15%~20%(+消費税)の報酬
 ※分割払いの養育費等扶養料→経済的利益は分割払い2年間分
  の総額で計算します。

(3)主な手数料
 郵便代、資料コピー代、交通費、戸籍等の取寄費用
 訴訟提起にかかる費用。
 出張する場合の日当などです。

婚姻費用分担請求調停、審判

着手金

 離婚事件と併せて受任する場合は3万円(+消費税)です。
 婚費分担請求事件のみ受任する場合は10万円(+消費税)です。

報酬

 報酬はいただきません。

主な手数料

 郵便代、資料コピー代、調停等申立て費用などです。

法テラスも利用できます。

 青葉法律事務所の弁護士は全員法テラスと契約しております。従いまして収入・資産が一定以下の方は、通常法テラスの立替払い制度も利用できます。法テラス利用について詳しくは弁護士にご相談下さい。
 f:id:aoba-law:20110111171825j:plain
 (お気軽にご相談ください)


(本記事は弁護士 浅沼 賢広が書きました)


 離婚に関する問題は、仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」にお気軽にご相談下さい。

(法律相談のご予約は電話番号022-223-5590までお願いいたします。受付時間平日9:00~17:30)