読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

自転車事故を起こした場合に備えて(自転車の賠償責任保険について)

f:id:aoba-law:20131011112528j:plain
(安全運転が第一ですが・・もしものときの保険も大切です)

自転車は便利。でも、自転車事故の危険も

 自転車は、エコで運動にもなり、お手軽な移動手段です。ですが、使い方を誤れば凶器にもなる怖い道具です。自転車ブームの近年、交通事故全体のなかで自転車による交通事故の割合が増えてきています。

 自転車による交通事故でも、被害者の方に後遺症が残った場合などは賠償額が数千万円を超えることがあります。

 実際、当時小学5年生の子供が起こした自転車事故で被害者の方が意識不明で寝たきり状態になったケースでは、保護監督者である親に約9500万円の賠償を命じる判決が出ました。


安全運転はもちろん大事。でも、いざというときに備えて自転車保険に入っておくと安心です

 事故を予防するには安全運転が第一です。飲酒運転、無灯火運転、信号無視、脇見運転など危険運転は絶対に避けましょう。また、お子様が自転車を使っている場合、親御様はよくお子様を教育、監督する必要があります(自転車の安全運転について参考;自転車はルールを守って安全運転~自転車は「車のなかま」~|警察庁)。


 でも、いくら注意しても事故を起こしてしまうのが人間です。


 そうなると、事件を起こしたときに備えて自転車の賠償責任保険に入っておくと安心ということになります。

 現在加入している自動車保険や火災保険に付属していたり、オプションでつけられる場合もありますので、加入中の保険会社に確認してみても良いと思います。事故を起こしてからでは遅いので、あらかじめの備えが必要です。


 青葉法律事務所では交通事故事件も多く扱っております。ご相談お待ちしておりますm(_ _)m交通事故の相談のご予約は022-223-5590までお願い致します。


(この自転車 交通事故に関する記事は 仙台 弁護士事務所「青葉法律事務所」弁護士 浅沼賢広が書きました)

 ※執筆当時の法状況を前提としています。


【震災特例法による無料相談のお知らせ】
現在、東日本大震災当時、宮城県内に住んでいらした方は、震災特例法を利用した無料相談を利用可能です(法人相談、刑事事件の相談は除きます。また無料での相談利用回数は同一事件で3回までとなっております)。

法律相談ご予約の手順はこちらをご覧下さい