読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

福島県 五色温泉、高湯温泉の思い出

 昔のことになりますが、平成22年の3月、福島の五色温泉、高湯温泉に行って来ました。思い出話を交えながら書こうと思います。 

f:id:aoba-law:20130802184526j:plain

         (写真はイメージです) 

1箇所目は五色温泉です。

 この温泉地は、福島市米沢市の中間の標高1000メートルくらいの山の上近くにあります。

 

 戦前には華族の別荘で確か日本初のスキー場のあったところだったと思います。  妻とどこか温泉に行ってみようという話しになり、五色温泉ならゆったりできるだろうということで決めた次第です。

 

 名前の由来は、秋の紅葉が五色の美しさであったことからなそうです。

 

 3月初めだったので五色ではなく黒(山肌)と白(雪)の世界でした。20年くらい前でしようか。冬の始めに福島駅からタクシーに乗りましたがまだ普通タイヤでした。運転手さんは「大丈夫」と請け負ってくれましたが山道の途中で路面が凍り進めなくなるどころか「ズ、ズー」と山道を後ろ向きに滑ってしまいました。運転手さんが「車を斜面に乗り上げて止めるからしっかりつかまって!」と叫びましたが幸い車は山の斜面の直前で止まってくれました。しかし、タクシーはそこから先へは行けないのでその場でしばらく待ったあげく工事用のバンが来たのでそれに乗せてもらってなんとか五色温泉に到着したことがあり、その意味でも記憶に残っている宿でした。

 

 以前と何か変わっているかと思っていましたが建物が(20年ほど前も相当古かったのですが)更に古くなって、2棟のうち1棟だけの営業になっていた以外に変わっているところはありませんでした。しかし、温泉そのものは変わりなく、無色透明な硫黄泉で、のんびり入浴することができなかなかいい気分でした。

 

 もう1箇所は信夫高湯の温泉でした。

 こちらも、白い硫黄泉で有名ですが泊まった宿の湯は青みがかった白色の湯でした。信夫高湯は蔵王高湯、白布高湯とともに奥州3高湯と言われているとおり高いところ、磐梯吾妻スカイラインの料金所入り口付近にあります。

 

 宿も昔の雰囲気を醸し出すように内部をあつらえてあり夕食はいろりを囲んで食べるようになっており、なかなか考えているな、という感じでした。

 

 五色温泉も信夫高湯も仙台からは車で1時間ちょっとの距離ですからどうぞ行ってみてください。

 

この記事は仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」弁護士 浅沼貞夫が書きました。