読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

私のこだわりと岩手県千貫石温泉 

(平成24年11月発行 事務所報「あおば」より)

酷暑の夏が過ぎて・・・

高い空に白い雲が流れるのを眺めていると、旅にでたくなるのは私だけではないと思います。・・・と言ってもなかなか遠くまで出かける機会がないので、多くの場合は旅=温泉ということになってしまいます。

温泉を選ぶ基準は?

皆さんは温泉を選ぶときにどんなことを基準に選んでいるでしょうか。私の場合には安くて、掛け流しであることは当然として、宿の人が親切であること、食事の量が多すぎないことのほかにシャワートイレであることが必須の要件になっています。


 (これから先は、食事を前にしている方は食後に読んで下さい。)


 実は、定宿とも言えた宿がシャワートイレではなかったので、シャワートイレにしてくれるように数年来お願いしてきました。ところが、宿の主人は「シャワートイレの必要性を感じない」というのです。じゃあ、トイレはどうしているかと聞くと、なんと、「 自宅で用を足しているので宿にはシャワートイレの必要性を感じない」というのです。自宅というのは、宿の裏手に新築した豪邸で、そっちをシャワートイレにしたので宿での必要性を感じないというのを聞いてから、「 宿もシャワートイレにするまでは行かない」と伝えて、今のところ我慢比べをしています。

 私にしてみれば客から儲けたお金で豪邸を建て、シャワートイレにしておきながら肝心の客のことをないがしろにしていることは許せないのですが、皆さんのご意見はいかがでしょうか。たかがトイレのことですが私は憤慨しているしだいです。

ということで・・・

何とか新しい宿を探そうと思い仙台に限らずあちこちの温泉や立ち寄り湯に入りました。ついに、というほどではありませんが岩手県の金ヶ崎町に、代わりになるかもしれないところを見つけました。金ヶ崎町というところは、相当以前にトヨタの工場を誘致した町です。温泉は高速道路の北上・金ヶ崎インターでおりて西に約20分のところです。

温泉の名前は千(せん)貫(がん)石(いし)温泉です。

私の菩提寺は岩手の宮古市にあるので、墓参の帰りには物見遊山の気分で高速道路ではなく奥羽山脈沿いの道を通ることも度々です。産直の店があれば寄り、温泉があれば寄り、ということをしながら帰るのも(暇つぶしにもなりますし)いろいろな発見があり、なかなか楽しいものです。千貫石温泉は帰宅の途上にあるのですが、いつも横目で見ながらそのちょっと手前の「駒子の湯」にばかり寄っていました。駒子の湯も20年くらい前までは金ヶ崎温泉という公共の宿で宿泊もできたのですが、今は日帰りのみです。しかし、こちらもなかなか気持ちの良いお湯です。確かマンガンを含んでいるので時計などははずして下さい、という掲示があったと思います。

千貫石温泉についてアレコレ

近くにある千貫石温泉はアルカリで、すべすべするお湯です。日帰りの客が多いのですが、その代わり夜は人が少なくのびのびと入ることができます。千貫石というので大きな石があると思っていましたが、宿の上に公園があり、そこの説明を見たところ、江戸初期に灌漑のための溜池を作っていたときに比較的大きな石がでたそうです。たまたま、仙台藩主伊達綱村が領内巡視の際に立ち寄り、灌漑がうまくいけば田地が大幅に増えるので、その石をみて「値千貫」と言ったことが名前の起源とのことでした。

 現在は千貫石神社として祭られています。宿は当然、安く、掛け流しで従業員も親切で、シャワートイレでもあります。食事も量が多くなく、中年以上にとっては食事の量の多さを苦にしないで済みます。ただ、露天風呂もありますが、千貫石温泉に限らず夏の露天風呂は要注意です。私は油断していたらアブに額を刺されてしまいました。また、近くにおいしいアイスクリームを作っているところあり、少なくとも雪の積もる冬以外は自然も温泉も楽しめそうなところですので年に何回かは通うことになりそうです。


仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」の弁護士浅沼貞夫が書きました。