読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

離婚調停・審判で決めたことが守られない。そんなときに知っておきたい手段「履行勧告」

f:id:aoba-law:20150328231653j:plain
(写真はイメージです。法律相談ご予約は仙台022-223-5590までお願い致します。)

離婚調停・審判を守らない相手方への対応。知っておきたい「履行勧告」

 離婚調停・審判で、正式に養育費や面会交流が取り決められたけど、相手が守らないという場合、どのような方法があるのでしょうか。強制的な法的手段行も考えられますが、その前に「履行勧告」を試してみる価値はあると思います。

履行勧告とは?

 履行勧告とは、家庭裁判所で成立した調停・審判条項を守らない相手方に対し、本人の申し出により、家庭裁判所が調停・審判事項をきちんと守るよう説得、勧告する制度です。

 この履行勧告には、お金はかかりません。無料です。相手方も、家庭裁判所という公的な機関から連絡を受けることで態度を改めることがあります。実際、私が担当していた離婚事件で、履行勧告で相手方の調停違反が解決した事例がありました。履行勧告を希望される方はまず家庭裁判所に電話をしてみましょう。

 ただ、履行勧告はあくまで「勧告」するだけで相手に対する強制力はありません。履行勧告でもダメなら強制執行や履行命令といった法的手段を検討することになります。このほか離婚については、仙台弁護士事務所「青葉法律事務所」までお気軽にご相談下さい。法律相談ご予約は仙台022-223-5590までお願いします。

(この離婚に関する記事は 仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」の弁護士 浅沼賢広 が書きました。当記事のみで判断されず弁護士にご相談下さい。)

青葉法律事務所HPはこちら

弁護士法人 青葉法律事務所|ホーム
(弁護士紹介やアクセスマップ、明確な弁護士費用基準などが載っています)

離婚に関するまとめページはこちら

aoba-law.hatenablog.com