宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

作って安心 「遺言書」

 遺言書が無い場合の主なデメリット3つについて説明します。遺言書は作っておいたほうが安心というお話です。

自分に遺言書は関係ない・・・?そんなことはありません。

f:id:aoba-law:20111104130242j:plain

 (遺言書?自分には必要ない・・・?)※写真はイメージです

 残す財産は少ないし、自分が死んだら残った人で勝手に分けたらいい・・・。そう考えて遺言書を作らない方も多いかと思います。これから述べるデメリットを避けるために早めに遺言書を作った方が良いと思います。

 

遺言書が無い場合の主なデメリット3つ

1.遺産分割の話し合いに手間がかかる

 遺言書を残さずに亡くなられた場合、遺族がどうするのかというと、話し合いをして遺産の分け方を決めなくてはなりません(遺産分割)。

 

 遺産分割が有効に成立するには相続人の全会一致が必要です。ですので、誰か一人でも反対したら、遺産分割は成立しません。

 

 相続人の方がたくさんいたり、遠くに住んでいる相続人がいる場合、話し合いの場を持つこと自体、大変な手間がかかります。それに、相続人同士仲が悪い場合には、まとまる話もまとまらないかもしれません。

 

2.話し合いがまとまらないと更に手間がかかる

 相続人同士の話がまとまらないときは、家庭裁判所遺産分割の調停を申し立てます。それでもまとまらなければ、裁判所の審判で裁判官に強制的に分け方を決めてもらう、ということになります。

 

 調停や審判のたびに裁判所に行く必要があり、また自分の主張を通すために資料をまとめたりして、これもまた大変な手間がかかります。

 

3.遺産を渡したい人に渡せる保証がない

 たとえば、息子さんの妻がもっぱら介護を行ない、大変苦労したとします。しかし、息子さんの妻つまり義理の娘さんは、養子縁組等しない限り相続人ではありませんので、そのままでは遺産は渡りません。

 

 義理の娘さんの功労に報いるためには、遺言書で相応の財産を渡す旨、きちんと書く必要があります。また、籍を入れていない内縁夫婦の方は、ごく例外的な場合を除いて遺産を相続できません。そうなると、自分の死後、内縁の方に遺産を分けたい場合は、その旨の遺言書を作る必要があります。

 

遺言書を作っていれば、遺産に関する紛争を相当予防できます

 一方、遺言書で、分け方を決めておけば、基本的には、遺言書のとおりに分ければ良いだけですので、相続に関して遺族が煩わされる可能性はグッと低くなります。もちろん、法律上最低限もらえる遺留分を主張して、遺言書の分け方に異議を唱える相続人も出てきたりしますが、それは遺言書で、遺留分に配慮した書き方をすれば予防できます。

 

 更に言えば、自分で紙に書いただけの遺言書だと、遺言書を「偽造だ、無効だ!」と言ってくる人もいるかもしれません。ですので、公証人が本人の意思を確認して作った「公正証書遺言」で作った方が安心です。

 

 

遺言書や相続等ご相談したいときは、お気軽に当事務所までご連絡下さい。

 

  この記事は仙台市青葉区一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」弁護士 浅沼賢広 が書きました。