読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

消滅時効のきほん

企業法務

消滅時効って?聞いたことはあるけど・・)
f:id:aoba-law:20121212120624j:plain
※写真はイメージです

消滅時効って?

 消滅時効とはなんでしょうか。それは一定期間権利が行使されない場合、請求される側がその権利を消滅させることが出来る制度のことです。

 どんなに正当な理由がある権利でも、相手が法律に即して消滅時効を主張すれば、もう取り立てることはできません。請求される側にしてみればありがたい制度ですが、請求する側にとってはたまったものではありませんね。消滅時効という言葉はわりと広く知られていますが、どういうものなのか、改めて詳しく紹介してみたいと思います。

消滅時効の期間は具体的に何年?

 一般的な民事上の債権(人に対する請求権)は10年です。普通の個人同士がお金の貸し借りをした場合の、借金などがこれにあたります。

 商事上の債権は5年です。おおざっぱにいえば、企業の営業活動により生じた債権がこれにあたります。例えば、消費者金融や銀行から借りたお金です。

 債権以外の財産権は20年です。

 消滅時効の期間は、支払期限があるときは支払期限の翌日からカウントをスタートします。

 これらが原則になりますが、次に述べますとおり、法律が特別に期間を定めている消滅時効もあります。

特別に消滅時効期間が短い債権

法律が,より短い期間を定めている債権もあります。全部を挙げることは出来ませんが、例えば、以下のものです。

【5年の消滅時効
月払いの賃料やマンションの管理費・特別修繕費(民法169条)

【3年の消滅時効
・病院の治療費(民法170条1号)
・工事の設計、施行、監理業者の工事に関する債権(民法170条2号)
不法行為(交通事故、傷害など)による損害賠償請求権(民法709条。※ただし「被害の事実及び加害者を知った時」から3年。また、消滅時効とは別に不法行為時から20年経過すると、権利行使できなくなります)

【2年の消滅時効
・弁護士の報酬(民法172条)
・生産者、卸売、小売商人の売掛金(民法173条1号)
・会社員などの給料(労働基準法115条)

【1年の消滅時効
・運送料金(民法174条3号)
・ホテルなどの宿泊料(民法174条4号)
・飲食代金(民法174条4号)
・物品のレンタル料金(民法174条5号)

消滅時効にかかったら・・・債務者は?

消滅時効の期間が経過したら自動的に債権が消滅するわけではありません。期間経過後に請求された債務者は,「消滅時効により権利が消滅したので支払を拒否します。」と債権者に対して主張しないと(これを,時効の「援用」といいます)消滅時効の効果を得られません。

消滅時効完成を阻止したい債権者側の手段は?

消滅時効の進行を中断(リセット)して時効の完成を妨げるには、大きく分けて二つの方法があります。

 第1は,裁判所に金銭を取り立てる裁判を起こしたり、差押、仮差押、仮処分などのきちんとした法的手続きをとる方法です。

 第2に,訴訟を提起しなくても、債務者が、債務の存在を「承認」してくれたのなら、それだけで消滅時効は中断します。今すぐに払ってもらえなくても,「経理上必要なので,この『残高確認書』にサインしてください。」と言って素直にサインをもらえれば,債務を認めた証拠が手に入り,時効を止めることができます。時効期間が過ぎてしまわないうちにサインをもらうことがポイントです。どんなに多額の債務が残っていても,その債務の一部としてたとえ1,000円でも払ってもらえれば,少なくとも時効を止める「承認」をとりつけた効果はあります。

 なお,時効期間が経過する直前に請求書を内容証明郵便で送れば、請求書到達日から6ヶ月間は消滅時効の完成が延びます。ただあくまで一時的な措置なので、請求書を送り続けるだけでは,いずれ時効は完成してしまいます。最終的には,猶予期間中に、訴訟を提起するなど正式な時効中断手続をとる必要があります。


消滅時効の基本事項は以上のとおりです。時効にかかわる法律トラブルなどございましたら、本記事のみで判断されず、当事務所の弁護士にご相談下さい。仙台の弁護士事務所青葉法律事務所の相談予約電話番号は022−223−5590です。お待ちしております。

この記事は、仙台市の弁護士事務所「青葉法律事務所」弁護士 浅沼賢広 執筆の記事です(平成25年3月6日)。記事は執筆当時の条文、法律状況を前提としています。