宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

B型肝炎被害対策東北弁護団:B型肝炎訴訟11月28日新規提訴のお知らせ

B型肝炎被害対策東北弁護団には、青葉法律事務所弁護士浅沼賢広が所属しています)

11月28日新規提訴は11名。累計458名

 B型肝炎訴訟被害対策東北弁護団は、平成26年11月28日、新たに11名の被害者について仙台地方裁判所に訴えを提起しました。


 病態ごとの被害者数は、キャリア9名、肝がん1名、死亡1名です。県別被害者数は宮城4名、青森2名、岩手2名、秋田1名、山形1名、沖縄1名です。


 提訴被害者総数は458名となります。


 B型肝炎訴訟の救済枠組みは被害者の方にまだ十分知られていません。より一層の広報に力を注いでいきます。

B型肝炎訴訟とは?

幼少時の集団予防接種によりB型肝炎に感染したと認められる患者に対し病態に応じて50万円~3600万円の給付金等が支払われる制度です。ただし、給付を受けるためには、国を相手に訴訟をして証拠に基づき救済要件に該当することを確認したうえで国と和解等をする必要があります。

B型肝炎訴訟についての相談・お問合せはこちらです(東北弁護団窓口/相談は無料です)

フリーダイヤル

 0120-76-0152
 (平日10~14時。その時間以外は留守録となります)

ホームページ(スマホにも対応)

 B型肝炎被害対策東北弁護団ホームページ
 ホームページから資料請求も可能です。

相談対象者

 宮城県岩手県青森県秋田県山形県福島県B型肝炎患者もしくはそのご家族でB型肝炎訴訟について相談されたい方


【当記事は仙台の弁護士事務所「青葉法律事務所」の弁護士浅沼賢広が書きました。執筆当時の情報となります。】