読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮城仙台の弁護士にご相談を  「青葉法律事務所」WEBLOG

ベテランから若手まで弁護士5人で頑張っています。一番町の弁護士事務所 「青葉法律事務所」のブログです。法律相談ご予約は022-223-5590までお気軽にお電話下さい。【仙台 弁護士 相談】

20130729231116

【4月14日更新・明日です】4月15日(土) 宮城県大崎市古川 B型肝炎被害対策東北弁護団主催 B型肝炎給付金の説明会・個別相談会開催のお知らせ

B型肝炎被害対策東北弁護団には、青葉法律事務所弁護士浅沼賢広が所属しています)
f:id:aoba-law:20170217104439p:plain
 本年2月18日(土)気仙沼にてB型肝炎被害対策東北弁護団によるB型肝炎給付金制度の説明会と個別相談会が開催されますのでお知らせ致します。

開催日程・会場・プログラム

●開催日:平成29年4月15日(土) 13時30分~16時00分
●会 場:古川商工会議所第3研修室
宮城県大崎市古川東町5番46号)
会場アクセス(商工会議所HP)

プログラム

13時00分~受付(事前予約不要です。直接開場にお越しください)

(1)13時30分~14時15分 給付金についての説明会

 ※給付金制度の説明の他、医療費助成実現に向けた運動など弁護団の活動についても説明いたします。

(2)14時15分~16時00分 給付金についての弁護士による個別相談会

※相談料・事前予約は不要です。

※当日、個別相談会にお越しになれない方はフリーダイヤル0120-76-0152の弁護団常設相談窓口にご相談いただくか、弁護団資料請求ページより資料請求をご利用下さい。

サッポロビールが「極ゼロ」の税金で国を提訴

企業法務

 新聞等の報道によれば、サッポロビールが「極ゼロ」に関して納付した酒税115億円の返還を求めて、国を提訴したとのことです。

 このニュースのように、課税関係で、国が訴えられた事件の一審判決結果の概要を見ますと以下のとおりとなっています。確かに、国(税務署)側勝訴が多いといえば多いですが、国が必ず勝つかというとそうではないことがわかります。

 平成25年度 国側勝訴  90件  国側敗訴 10件
 平成26年度 国側勝訴 108件  国側敗訴  7件  
 平成27年度 国側勝訴  98件  国側敗訴 11件

※いずれも、課税関係で、その年度に判決が出た件数。
※一部勝訴や却下、取下といった件数は除く。
※数字は国税庁の統計より(https://www.nta.go.jp/kohyo/tokei/kokuzeicho/tokei.htm

 また、課税関係の新規提訴は全国で年間100件程度で、税務訴訟は必ずしも数が多くありません。その意味でも注目される裁判です。
 

仙台 青葉法律事務所の弁護士にご相談下さい

 この記事に限らずですが本記事やご自身のみで判断されず法律問題は、弁護士にご相談下さい。青葉法律事務所の法律相談ご予約番号は022-223-5590となります。所属弁護士のプロフィールや弁護士費用一覧など詳細は青葉法律事務所HPを御覧ください。

(相続に関する本記事は仙台 弁護士 青葉法律事務所弁護士「浅沼賢広」が書きました。) 執筆当時の法律状況を前提としています。
 

民法改正案 衆議院本会議で成立

企業法務

 f:id:aoba-law:20170413111858j:plain
(相当前から議論されていましたが。いよいよ今国会成立です)。


 新聞などで報道されていますが、民法改正案がようやく衆議院本会議で成立となりました。今国会で成立見込みとのことです。120年ぶりの抜本改正となります。

 当ブログでも以前取り上げたことがありますが、改正内容は多岐にわたり、契約実務に限らず、交通事故など不法行為にまで大きな影響が及ぶことが予想されます。
 
 ただ、今国会で成立したとしても改正された民法が施行されるのはまだ先です。

 当事務所でも改めて改正内容を確認・検討し対応していきたいと思います。

仙台 青葉法律事務所の弁護士にご相談下さい

 この記事に限らずですが本記事やご自身のみで判断されず法律問題は、弁護士にご相談下さい。青葉法律事務所の法律相談ご予約番号は022-223-5590となります。所属弁護士のプロフィールや弁護士費用一覧など詳細は青葉法律事務所HPを御覧ください。

(相続に関する本記事は仙台 弁護士 青葉法律事務所弁護士「浅沼賢広」が書きました。) 執筆当時の法律状況を前提としています。

2月18日 B型肝炎訴訟 気仙沼説明会・相談会 のご報告

B型肝炎被害対策東北弁護団には、青葉法律事務所弁護士浅沼賢広が所属しています)

 2月18日(土)、気仙沼市民会館にてB型肝炎被害対策東北弁護団によるB型肝炎訴訟の説明会・相談会が開催されました。当事務所の浅沼賢広も、弁護団の一員として参加致しました。
 
 当日は会場がほぼ満員になるほど多くの方に参加いただきました。ありがとうございました。

 また、当日、個別相談会にお越しになれなかった方はフリーダイヤル0120-76-0152の弁護団常設相談窓口にご相談いただくか、弁護団資料請求ページより資料請求をご利用下さい。

青葉法律事務所 今年もよろしくお願い致します

1月6日より営業を始めております。
平成29年、今年も青葉法律事務所をよろしくお願い致します。


青葉法律事務所WEBサイト

 弁護士紹介、弁護士報酬基準、アクセス等はこちらです。

仙台 弁護士法人青葉法律事務所|ホーム 法律相談

法律相談ご予約は

 仙台022-223-5590までお願い致します。企業法務、債権回収から離婚、相続等まで幅広く御相談受け付けております。

青葉法律事務所 年末年始営業のお知らせ

f:id:aoba-law:20161228094859p:plain

青葉法律事務所の年末年始の営業につき下記のとおりお知らせいたします。ご不便をおかけしますがご容赦下さいますようお願い致します。

 平成28年の営業:12月28日月曜午前中まで。
 平成29年の営業:1月6日水曜から通常営業。
 

青葉法律事務所WEBサイト

 弁護士紹介、弁護士報酬基準、アクセス等はこちらです。

仙台 弁護士法人青葉法律事務所|ホーム 法律相談

法律相談ご予約は

 仙台022-223-5590までお願い致します。企業法務、債権回収から離婚、相続等まで幅広く御相談受け付けております。

最高裁 預貯金も遺産分割対象に

相続

 f:id:aoba-law:20161116165119p:plain

 新聞報道等によれば、最高裁は、12月19日、従来の判例を変更して「預貯金は遺産分割対象になる」との判断を示しました。最高裁判例と実務との乖離が激しい箇所でしたので、最高裁の判断は妥当なものと考えます。これまでも、遺産分割協議や調停では、預貯金も遺産分割の対象として分け方を話し合うことが多かったですが、実務と判例が一致して座りがよくなったという印象です。

 

仙台 青葉法律事務所の弁護士にご相談下さい

 この記事に限らずですが本記事やご自身のみで判断されず相続に関する問題は、弁護士にご相談下さい。青葉法律事務所の法律相談ご予約番号は022-223-5590となります。所属弁護士のプロフィールや弁護士費用一覧など詳細は青葉法律事務所HPを御覧ください。

(相続に関する本記事は仙台 弁護士 青葉法律事務所弁護士「浅沼賢広」が書きました。) 執筆当時の法律状況を前提としています。

青葉法律事務所ブログ相続に関するエントリ一覧

 青葉法律事務所ブログ 相続エントリ一覧